<最新版>冬支度・ペットヒーター・ビニールシート設置について

朝日ペットヒーターセット 冬の準備・過ごし方

こんにちは、ikuです。
このページは、2016年10月に投稿した「オカメインコ冬支度・ペットヒーター設置について」の更新版です。
>>2016年10月投稿分「オカメの冬支度」へ 

 

秋が近づいてくるにつれて、オカメ飼い・インコ(オウム)飼いの方たちのアクセス数と問い合わせが増えてきたのが理由で、2年前の未熟な知識で拡散するのはよくないと考えて再投稿することにしました。
今回は、”室内飼い”で、冬の準備でペットヒーター・ビニールシートを付けたい、探してると言う方向けのお話です。
鳥飼いベテランさんは、ご存知の内容だと思います。
もし、こんなのもあるよ〜!っておすすめがありましたら、ぜひお知らせください☆

 

ペットヒーターの設置と適切な使い方

ピュオーラをお迎えして2年、オカメインコの知識と経験が深まり、
すこし訂正があるので、”本来”の冬支度・ヒーターの使い方を補足追加します。
(2018年9月追記)

冬になると、ペットヒーター設置だ、ビニールカバー設置だ!と言う記事を見ます。飼育書にも設置だ!って飼いてあります。
また、今年の春・秋にオカメ・その他インコのヒナちゃんをお迎えされた方は、可愛い我が子をがんばって冬を超えてもらうために、初の冬越しに向けて気合いというか、情報集めに翻弄されてるのかな?と思います。
実際、私もそうでした(笑)

獣医も注意喚起!本当に”保温が必要な時”とは、鳥の体調が悪い時

では、本題です。

先に結果を言うと、
冬にペットヒーターを設置ことは”必須”ではありません
”補助”です。

冬にペットヒーターを入れることは悪いことではないのですが、
室内飼いは、部屋でもヒーターつけるので、気温が15〜20度くらいあり保温の必要はあまりないと言われています。(鳥専門の獣医・ブリーダーの話でよく言われます)
本来のヒーターの役目は「本当に保温が必要な時」に使うことなのです。
つまり、病気で体力が落ちている時や、雛の育児中の気温維持のための保に使うのが正しい使い方です。

保温でビニールカバーとアクリルケースは必要?〜鳥の健康を考える〜

また、防寒のためにペットヒーターと合わせて探される方が多いと思われる「ケージを覆う防寒ビニールカバー」や「アクリルケース」。(アクリルケースは防音の役目もあります)
ペットショップやオンラインショップでも販売されてます。

↓★Hoei465オカメ用ビニールカバー(参考)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小鳥カゴの防寒カバー ジッパー付き Lサイズ
価格:1909円(税込、送料別) (2019/2/1時点)

楽天で購入

 

 

 

 

今回は保温の観点から書きます。
ビニールカバーで覆うのは、実は「個体の寿命を縮めていること」に繋がると言われています。
ビニールカバーをやめた方がいい理由は2つあります。
————————————
1、ビニールカバーで全面覆うとケージ内で脂粉が舞い、正面側しか空気の出入りがない状態を作ってしまうと、空気がケージ内で滞留し呼吸器系に影響がでます。脂粉の多いオカメインコは、それを吸い呼吸器障害・病気に繋がることが多いと言われています。
人間で言えば、空気の流れのない埃っぽい狭い部屋で、窓も開けず閉じ込められてるのと同じです。
そんな部屋にあなたは1日中住みたいですか?苦しいし、咳き込みますよね・・・?
ビニールカバーをすることは、体が小さい鳥さんたちに大量の脂粉が舞う辛い環境にさせてしまうことになります。
これは、アクリルケースにも同様に言えます。アクリルケースは正面もほぼ塞がれてますから、なおさらです。
(もちろん、防音の点から止むを得ずされてる方もいらっしゃると思いますし、また、病中の鳥をアクリルケースや熱の逃げない頑丈なケースに入れ保温するような有事の時もあるので、完全否定はできません・・・。)

2、ビニールシートを被せたケージ内でヒーターつけると、ビニールが熱で徐々に溶け、ビニールから化学物質が発生。さらに、ビニールシートをすることで空気がケージ内に滞留し、最終的にケージ内にガスがたまり、オカメインコの呼吸器に影響を及ぼします。
————————————

2年前の当時の私は、飼育本にかかれてる通りにせっせとペットヒータ&ビニールカバーを設置したのですが、知り合いのブリーダーさんに上記の注意されてビニールシートはすぐ外しました。

★参考記事:自作アクリスパネルで風・冷気避け

ペットヒーターの常時起動は、冬の緊急時リスクになります

冬の室内飼いの場合(北海道など寒い地域は除く )、ペットヒーターは実は常時設置・起動する必要はないと言われています。

プロブリーダーさん曰く、
オカメインコは”外飼いで夏の暑さ38度、冬の−5度でも元気にしているし、雛もその環境で育っている。そのくらい丈夫な鳥なんです”とおっしゃっています。
冬場、寒くてかわいそうとヒーターを付けっ放しにして過保護にしていると、本来冬に向けての換羽も上手く羽が生まれ変わらず、体調悪化時の体力温存力の低下を招いたり、将来的に抵抗力がなくなり弱い個体になってしまうそうです。
鳥専門の獣医も、常時起動はしないよう注意喚起していますが、
 
もっとも重要なことは、
もし秋冬に常時起動する生活をしていた場合、大切な鳥さんが体調を崩し危険な状態になった時、ヒーター温度に慣れてしまっているため病状悪化の歯止めをかける最終手段の「保温」が効かず、最悪あっけなく落鳥してしまうとのことです。
 
 
逆を言えば、過保護にせず四季の寒暖を体で覚えながら育った鳥さんは、
体調不良時や緊急時に適切に保温を行い、病院で処置を受ければ助かる率が高まります。一歳以上のオカメインコで室内飼いなら、冬は自分の部屋のストーブ・暖房だけで十分☆(温風は当てないでください)
関東では暖房なしの夜〜明け方の部屋気温は10度以下になりますが、大丈夫です。
でも、もし雪が降るくらい寒くなるような日は、サーモスタットで温度を設定してから臨時で設置しましょう。
ただし1歳未満の幼鳥や若鳥は、その年の冬だけ保温(20度くらい)しましょう。
(ちなみに、うちはピュオーラが冬12月時点で7ヶ月でしたが、雪の日以外ヒーターなしで乗り切れました)
間違っても病気じゃない限り、28度とかの設定にしないでくださいね^^
冬は抵抗力が低い鳥さん(特に幼鳥)は体力消耗で体調を崩す時があります。
20度程度であれば、緊急時に約28度(温度ではなく、正確には”体調不良時に体のふくらみがとれるまでの温度”が適切)くらいにあげて緊急保温することで来院するまでの命を取り止めることができます。ということで、長くなりましたが、

ペットヒーターは、冬季常時起動ではなく、
緊急時のみに使うのが鳥さんにとっての1番の健康維持方法です。

最後に、もしペットヒーター買う場合、大きさはどれがおすすめ?と悩みますね。
買うときは、温度調整が自動でできるサーモスタットも忘れずに☆
大きさは、20、40、60,100Wとあります。
20、40だと小スペースでいいですが、正直保温の観点からちょっとパワーが弱いです。
鳥専門の先生推奨は100W。でもかなり大きかったので、私は60Wにしました。
使用時は、ケージの外側に設置しています。

★サーモとヒーターをバラで買うと高くつくので、セット購入の方がお得です。
参考に載せておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【クーポン配布中!】アサヒ ペットヒーター 60W 【限定オリジナルセット】
価格:8800円(税込、送料無料) (2019/2/1時点)

楽天で購入

 

 

 

みなさんの大切な鳥さんが、元気に冬を越せますように☆
力になれたら幸いです☆

—–     —–   –☆–   —–   —–
読んで頂きありがとうございます。

ランキング参加してます^^
面白かったよ〜と思ったら
応援クリックしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


インコランキング


+++ +++ +++ +++ +++
ご覧頂きありがとうございます。
ランキング参加してます^^
面白かったよ〜と思ったら
応援クリックしていただけると励みになります。


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

にほんブログ村


インコランキング

コメント