第一回目換羽期 〜雛換羽〜

first-molting 換羽期

Ikuです。こんにちは、
先週は朝から雪が降り、関東に早い冬がきましたね。
千葉は、4、5cmつもりました☆寒いの嫌いだけど、雪降っているのを見ているのは好きなikuです☆

1回目の換羽期、雛換羽

粟穂とオカメインコ

さて、今日は一番初めの換羽期「雛換羽」について書こうと思います。

***********************

成鳥になってからの換羽期の悩みはこちら↓

>効果があった!換羽期の食欲減・体重減対策
>体力消耗にフォニオパディー
>換羽期の体力消耗に聞く餌エッグフード

***********************

ピュオーラにとって、生まれて初めての1回目の換羽期。

生まれて1回目の換羽を、「雛換羽」と言います。

雛換羽は個体差がありますが、生後5ヶ月〜8ヶ月くらいの間に始まると言われています。遅い子は9ヶ月入って起こることも。(雛換羽が終わったことで、オスメス判断が可能になると言われています)ピュオーラは5月27日生まれなので、大体生後6ヶ月に雛換羽が始まったことになります。

first-molting

この羽は一部なのですが、放鳥時など飛んだ時はもちろん、ゲージの中でもぽろっとごっそり落ちています。
きれいなのでとってあるんですが、朝ケージカバーを外した時に10〜20枚モッサリ羽が落ちていると「げ!( ゚д゚)!」となります(笑)

通常、成鳥の換羽期は年に2回、秋から冬へ、春から夏への季節の移り変わりに応じて、約2〜4週間かけて続きます。

雛換羽初期の兆候は、4ヶ月に入ってすぐ尾っぽがぬけた時です。ストレスで羽引きしたのかと思いましたが自然な現象ですし、ちゃんと成長している証拠というのが後にわかりました。
パラパラ小さい羽4、5枚の子もいれば、ごっそり落ちて抜け変わる子もいます。ピュオーラの雛換羽は軽い感じでした。(補足:成鳥になってからは、結構ごっそり抜けています)

豆知識:雛ちゃんから育てて性別不明のオカメインコの場合は、この雛換羽を境に性別判断ができるようになります。ルチノーだと見えづらいですがノーマルやパール系にも共通で言えます。メスの場合、羽の斑点(オカメ飼い用語:尾羽の場合シマシマパンツといわれてます。)が継続して消えません。オスの場合は消失します。消失と言いましたが正確に言うと一次的に消失し老年期に入ると、また斑点が復活します)

こう写真にのっけてみると綺麗ですね、特に根元はふわっふわです❤️

換羽期に気をつけることは、しっかり栄養をあげることです。

特に気を配りたいの栄養素がタンパク質(必須アミノ酸)です。羽の生成にはタンパク質が必要不可欠なため、通常の20%増でタンパク質の補給が必要と言われています。
換羽期は、命がけとはいかないものの、古い羽を落とし新しい羽に変えるために大量のエネルギーを消耗するため、体をすり減らして行います。ましてや、生まれて初めての雛換羽では、鳥さんも十分な体力があるとは限らないため命がけの換羽になります。

人間でいうと、妊婦さんが母乳をあげる時、赤ちゃんに栄養を届けるとともに自分の体を支えるために栄養価の高い食事をする必要がありますが、予想以上に負担がかかると体をすり減らし痩せたり髪が抜けることがあると言われますが、鳥でも同じようなことが起きています。
(男性で言えば、仕事の年末や超繁忙期を迎えて残業続きで心身困ぱい状態といったところでしょうか?)

ピュオーラは男の子ですが、オカメインコの換羽期にはそれだけの体力を使うということで、その補強で栄養をあげなくてはいけません。
市販で人気で鳥飼いさんでは知らない人はいないサプリ、必須アミノ酸やその他ビタミンミネラルが豊富に含まれているネクトンが有名です。

換羽期ではネクトンBIO,通常使用ではネクトンSを使います。

★デイリー使用はネクトンS

★換羽期サポートはネクトンBioです。

使い方はシードにふりかけたりや水に溶かしてあげます。(ペレット食メインの場合は不要。換羽期はハイポテンシー版のペレットを与えます)
ただネクトンは湿気に弱く酸化が早い弱点があります。保管は冷蔵庫や冷暗所保管必須で、蓋をあけて銀紙の部分を楊枝で穴を開けて、少しでも酸化を防ぐ必要があります。

酸化の目安は、底の粉が黒く変色したかどうか?です。もし黒ごまのような黒い塊が出てきたら取り替えのサインになります。

もし雛換羽を迎えた時、いつもより元気ないなぁ、よく寝ている、目をぶることが増えた、食欲低下しているな?放鳥はいつも元気に出てくるのに、動きが鈍いまたは出てくるの渋るようなことがあった場合は、体調が悪いサインであったり、換羽期でエネルギーが不足しているサインなので、ネクトンBIOをあげることも一つの選択肢です。

ここで一つ、私はネクトンBIO以外で、換羽期に助けられた事例があるので以下に紹介いたします。

瀕死の雛を救った爆食いシード

私は、オカメインコのブリーダーさん自家製のビタミンA・C・Eを含ませた鳥用サプリを紹介いただき、それをボレー粉の4点セットであげています。
そのブリーダーさんは、様々なインコを育て経験が豊富なプロブリーダーさん。ピュオーラをお迎えした時、超軽量体重60g代で落鳥しそうだった状態でしたが、そのブリーダーさんお手製のシードを紹介頂き、その栄養価が高いシードのおかげで生命の危機を脱出することができました。
他のブログでも「爆食いシード」という名で知れ渡っている栄養たっぷりのシードです。ピュオーラの雛時代は、食欲もなく、挿し餌もあまり食べない危険な状態だったので、大変助けられました。

せっかくなので、ピュオーラの命を繋いだシードを下記にてご紹介します。

オカメインコの雛をお迎えし、挿し餌〜一人餌に入れ替わりの時期に体重が軽く(生後3ヶ月で60g代〜70g前半程度等)の体重の伸びに困っている方にオススメいたします。
私もいつも勉強させていただいているのですが、飼育方法など詳しく書かれてるのでよかったらサイトもご覧ください。
鳥の育て方や、その時期にどのように育てられているかを書かれているブログは、とても勉強になります。
(下記リンク参照)

>>  Tery’s Bird. 

Tery’s birdさんの餌を食べてから、そんなにたたないうちに60g前半から80g突破いたしました。うちのピュオーラみたいに体重が伸びずに悩んでる飼い主さん、だいぶ救われてる方もいるようです。

大切なオカメちゃんを育てる上でお困りの方にご参考になれば幸いです。

それでは、今日はこんなところで☆
最近寒く寒暖激しいので、おかめちゃんはもちろん、みなさんもご自愛ください。

—–     —–   –☆–   —–   —–
読んで頂きありがとうございます。

ランキング参加してます^^
面白かったよ〜と思ったら
応援クリックしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


インコランキング


+++ +++ +++ +++ +++
ご覧頂きありがとうございます。
ランキング参加してます^^
面白かったよ〜と思ったら
応援クリックしていただけると励みになります。


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

にほんブログ村


インコランキング

コメント