難しいね、オカメインコの繁殖って

オカメインコの巣箱と無精卵オカメインコの巣引き・繁殖
Ads

こんにちは、ikuです。

5月31日の今日、5月3日から始まった抱卵も終わりを迎えました。
2020春の繁殖チャレンジのご報告です。

我が家には日常が戻ってきましたよ〜(*´꒳`*)

Ads

おつかれさま!ピュオーラ、フェルン♪

オカメインコ

まず、フェルン、ピュオーラお疲れ様でした。
巣箱を設置してから1ヶ月、ずっと緊張しっぱなしだったら疲れただろうと思います。
前までは2羽バラバラの行動でしたが、巣箱撤去後は2羽揃って行動しています。

ん?撤去?

はい、巣箱撤去しました〜(泣)

つまり、無精卵だったということです。

2羽とも頑張って抱卵したし、ピュオーラなんて本当お父さんになっちゃうんじゃないかな?ってくらい、フェルンといいパートナーシップを発揮したのですが、
「ノリにのっていた」だけで、無精卵だったようです(笑)

どうしてやることやってないのに、本気になれるの?(多分やってない)
抱卵しているフェルンの上に覆いかぶさるぐらい本気出してたのに、、、(笑)

今回の巣箱の中身、こんな感じでした。

オカメインコの巣箱と無精卵

がっくり・・・。
私的には、2羽ともすっごいいいムードで抱卵していたので、期待が高かった分がっくり・・・。

ただわかったことは、
オカメインコは卵が産まれただけでも、2羽の抱卵・繁殖行動意識は高まり、よく言われる有精卵で行われるような行動もとる(抱卵を交互にする等)とこと。
それだけは今回よくわかりました。
(有精卵だったら、本当にどうなるのかはわかりませんが。もっとミラクルがあるのかな・・・?)

撤去する時は、2羽をケージから出し離れさせた状態で巣箱を撤去しました。
いる状態で巣箱撤去したら、思っ切り噛まれるし、鳥の体に巣箱や柵があたると危ないから、巣箱から出した状態で行いました。

出した巣箱にはタオルをかけて、ピュオーラとフェルンの目には晒せないようにしています。大切み守ってきた卵と、自慢の別荘とっちゃったから見せちゃうと可哀想だからね・・(泣)

Ads

千葉連発地震による影響が、ここにもあった <一部閲覧注意>

<閲覧注意>


ちょっとここから人によっては気持ち悪い・・と思う画像がでるかもしれません。


みなさん目玉焼き食べるかと思いますが、オカメインコの卵の中身を見るのに嫌悪感がある方は、画像がでるので、ここの項目は飛ばしてください。
この記事の上にある「目次」から、「3、無精卵だった時の対処法」の文字を押すと、ここの項目と画像が飛ばせます。

 

ちなみに無精卵ですが、
”卵の中に雛がいて、エイリアンがぎゃぁぁ〜〜!・・”
という写真ではありません(笑)
そんなキモいのは、載せません。

 

卵が割れたまま放置され、中身が固まっている写真です。
(でも嫌な方は、見ずに飛ばしてね)

 

 

入ります。

 

5月4・5日と深夜2時ごろに震度4のやや強い地震が連発でありました。
このタイミングは、フェルンが一つ目の卵を産んだ翌日の出来事。
翌日・・というか、フェルンの1つ目の卵が5月3日の夜20時でしたから、4日の地震は卵を産んでから約6時間後の出来事でした。

 

結構な揺れと、緊急地震速報の音でびっくりしたフェルンは、巣箱から飛び出し大パニック。怖くて1時間ほど巣箱に戻れない日が続き、翌日も同じく。

この時に卵がおそらく割れたのだと思います。
結構な勢いで割れています。

オカメインコの割れた卵(無精卵)

割れた卵見て、ちょっとどきっとしました。

割れた卵が、ロウソクのロウのように硬くなっていました。
でも、これを見たのは巣箱を取り上げて1分後くらいです。
まだフェルンとピュオーラが重なって一生懸命温めていた体温の温もりが卵を通じて、私の手に伝わってきました。

 

ちょっと涙がでちゃいましたね・・・。私。

 

無精卵なんだけど、二人の努力の結晶がこういう形で終わったこと。
そして、割れた卵を見ながら一生懸命転卵して温めていただろうことを考えると・・・、フェルンはどんな気持ちで温めていたのかとか・・。

なんかね・・・。(/ _ ; )

 

そして卵もいつも4個産むのに3つしか産まれず、1日起きではなく、2つ目の卵は2日後に産みました。
その2つは割れてはいないけど、もう無精卵でずっと放置されたので、卵の色も暗くなって悪くなっていますね。ずっしりした重さもある。
固まっている証拠です。

 

温めて茹で卵みたいになっちゃったというか・・・。
前無精卵だった時は、中から生卵でてきたんですけど(検卵後見たのです、一応)、今回は固まっていた。おそらく重さ的に3つとも固まってる。

ちなみに、無精卵と有精卵が一緒に並ぶと有精卵の色は鮮やかな色をしているのだとか。逆に無精卵は命が宿っていないから、暗めな色をしているんだそうです。

 

歳とって涙腺が緩んだのか、ただ感情移入しすぎだからか、、、
あとちょっと残念だったのもあって。

 

ハンカチで拭き拭き・・・。

 

まぁ、仕方ないですね。

 

無精卵ずいぶん長く抱かせちゃって、ごめんね・・って思います。

 

Ads

無精卵だった時の対処方法

そんなわけで、無精卵を長くだかせ茹で卵状態にさせた・・・というのは、
鳥にとっていいのか?悪いのか? ちょっと考えました。

産まれた卵が有精卵か、無精卵かわからない場合や、どちらかわかりたい場合は検卵をする・・・という対処方法もあります。
・・・が、もし有精卵だった場合、何度も巣箱の中身を見るのはストレスになったり、中止卵になる可能性が高まるので、巣箱は見ない方がいい・・というのが基本的な考え方と言われています。
また、鳥のメスは産んだ卵が減ったり、ダメになったりした場合、孵化する確率を高めるために、卵を産みたす習性が本能的に備わっています。
だから途中で卵をとってはいけないし、余計に卵を産まないように擬卵(プラスチックの卵)にすり替える産んだ卵を約1ヶ月だかせる・・・というのも、これは基礎的な知識です。(絶対的な知識とも言える)

だから、抱卵させる対処方法は間違えていなかった。

でも、ちょっと心残りが一つ。

ピュオーラが噛むから、巣箱を守って近づかせなかった・・・というのもありますが、ちゃんと検卵を行い卵の状態が事前にわかっていたら、
こんなに長く抱卵させず、2羽に負担をかけずに済んだのではないか・・?と。

やっぱり抱卵って食べる時間も圧倒的に少なくなるし、巣箱から出てる時はかなりナーバスになため、繊細なオカメインコのことだから、とんでもなく神経使ってこの期間を過ごしているのだと思います。

でも、早く撤去してしまっては、卵を産みたすリスクが増えるのである程度の期間が必要ではありますが。
計算上、孵化の日数がいつかというと、産卵してから21日後が孵化と言われているので、その後卵を何個産んだか?で、およその卵の撤去日が決まります。

※オカメインコの卵の撤去日については、繁殖産むに関わらず、メスのオカメインコがいるお家で、無精卵を産卵してしまった方も同じ対処法/考え方です。計算して撤去日を割り出しましょう。

今回は卵は3つで、3つ目の卵が5月8日か9日に産まれているので、孵化の最終Xデーが5月30日。
無精卵だったら、その日が撤去日かな?と思っていました。
でも、もし既に検卵して全てが無精卵とわかっていたら、あと1週間から5日くらい早く撤去してもよかったかな?とも思います。

これは私の考察なので、確かではありません。

前回Xデーの1週間前くらいに巣箱撤去しましたが、特に問題はありませんでした。
でも、撤去のベストはやっぱり安全みて最後の卵の孵化日だと思います。(今回の30日が撤去日でOK)

まぁ〜いいのかな・・・。これでよかったのかな。
でもちょっと、可哀想だったな。
きっと本能的に、「これは無精卵だ」ってわかっていたんじゃないかな?

自然界なら、自然投打してるでしょう。きっと。

Ads

今の二羽の様子。発情期マジック

はい、撤去して1日経ちました。
少しずつ日常が戻ってきました。

撤去したばかりの時は、ピュオーラもフェルンも、「あれ!?巣箱が!ない!!!」とウロウロしていましたが、普段の日常へ移行しつつあります。

巣箱設置する時とちょっと変化があったかな?と思ったのは、こんなシーンです。

歩み寄るオスのオカメインコ

前はそれぞれが単独で行動していましたが、2羽がリンクして動いてます。
そして、この写真のように、ピュオーラがフェルンに近づこうとする仕草も見えました。

まぁ、結局近づいたところで、”発情期マジック”はもう消えているので、フェルンも普段通りの気分にかわっているので、「ちょっと、何着てるのよ!」と突き返してしまいますが、ピュオーラはちょっと名残惜しそう(笑)

▼マイペースなフェルン

痒いのよ〜〜〜!なんて聞こえてきそう(笑)
いちおう、ピュオーラが近づいて軽くチミチミフェルンの冠羽に触れたあとの写真なんですけどね。

照れ隠し?

いや、普通に痒いだけ・・・?

こんな妄想をまた繰り返しながら、私の日常も普段通りへと戻って行っています。

ということで、
今回も無精卵でした。

しばらく私は、この2羽は繁殖アプローチはしない予定でいます。
この秋もしない予定です。

もし2羽の交尾する瞬間を捉えたら、舵は切りますが。
そんな状態がこなければ、フェルンを休ませます。(^-^)

がんばって卵を産んだフェルンと、フェルンと3つの卵を一生懸命守ろうとしたピュオーラにも拍手!!!!

楽しみにしてくださった方も、応援してくださってありがとうございます♪

ピュオーラもフェルンもよくがんばったよ〜、本当に♪( ´θ`)ノ
現在、ピュオーラ90g、フェルン88g。
2羽とも健康な体重でフィニッシュを迎え嬉しいです。

明日から6月1日。
もうすぐ梅雨ですが、これからはカビが生えやすい時期になるので、ケージや止まり木の消毒、食べ物が湿気で悪くならないよう乾燥キープなど気をつけなくちゃな〜

+++ +++ +++ +++ +++
ご覧頂きありがとうございます。
ランキング参加してます^^
面白かったよ〜と思ったら
応援クリックして頂けると励みになります。
(下の2画像がボタンになってます)

▼ブログ村(ピュオーラオカメ丼w)

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

▼ブログランキング(ご機嫌フェルンちゃん)

=====================
▼オカメLetter LINE公式アカウント♪
ブログ更新案内や鳥関係の情報を
Lineで配信しています★
登録はお気軽にどうぞ♪

友だち追加

=====================

コメント コメントはお気軽にどうぞ☆(*'▽'*)

タイトルとURLをコピーしました