オカメインコの防災対策 〜オカメパニック〜

ワキワキオカメインコ 日々の成長記録

こんにちは、ikuです。

今週は、近畿地方に巨大台風直撃に北海道震度7の地震。
自然の猛威は、本当に怖いですね・・。

地震でのオカメパニック対策

地震といえばオカメインコは、オカメパニック。

ワキワキオカメインコ
ケージの中をめちゃくちゃに飛び回りパニック状態になることからオカメパニックと言いますが、流血することもあることから本当に地震には気を使います。

うちのピュオーラ、フェルンもまだ震度4までしか体験したことないので、いつか来る関東大震災の本震がきたらと思うと怖いです。
うちのオカメちゃんは肝が座ってるようで、震度4では冠羽がピーン!程度の反応。首をひねり「ん?」みたいな感じで平気なようです。
でも震度5以上は、人間も結構慌てるのでオカメインコも冠羽ピーン!じゃ済まないだろうと思ってます。
一番は、ケージが棚から落下すること。
この対策として、滑り止めつけてラバーをケージ下に置いてます。

食料の備蓄は多めにしよう

みなさんは、鳥に関わらず、ペットを飼っていてどんな防災対策をされていますか?

うちは千葉なので、橋が閉鎖されてしまうと交通手段が絶たれてどうにもならなくなります。
首都直下なんて来たら、東京に注意が集中して千葉は後回しになるような・・・(笑)

なので、シードとペレットの備蓄は十分にしています。_:(´ཀ`」 ∠):
人間の食べ物でさえ入手困難になるのだから、ペットの食べ物なんて手に入るはずがない・・と思ってるからです。

具体的にいうと、

  • シードは1袋分(約3kg)
  • 粟穂1袋キープ
  • ペレット一ヶ月分

避難することになった時を想定して多めに備蓄しています。
オカメインコをはじめ他の鳥さんもそうだと思いますが、鳥は環境変化でご飯を食べなくなることがあります。
通常色のシードを食べなくなる可能性もあることから赤粟穂を1パック未開封でキープしています。
こればかりは起きてみないとわかりませんが、環境変化が起きても粟穂なら食欲低下時少しはかじりついてもらえるだろうと予想してます。

備品について 〜避難所での対策〜

その他の身の回りのアイテムは下記の通りです。

  • 糞処理用の新聞紙
  • ケージカバー
    保温用ブランケットとホカロン10袋
  • 2羽分の携帯用ケージ

おそらく避難所内にペットの持ち込みはできないし、外になる可能性が高いので防寒対策は万全にしています。
冬用に保温用ブランケットも用意してます。

でも、実際起こってみないと、正直わかりません。
オカメインコは、なんせ繊細だし神経質。
ピュオーラは順応性あるけど、フェルンは変化に敏感なのでどうなるかな?と思ってます。

今日は、ちょっと防災時のことについて書いてみました。

ピュオーラもフェルンも、ミニチュアダックスのココ(犬も飼っているのですw)も大切な家族。
みんな無事でいてほしい・・・。

愛するオカメインコ達のために、1ヶ月半分の食料を備蓄してるわり、
自分の防災用品には頭が回っておらず、水ペットボトル6本分(2L/本)のみ。
備蓄という”言い訳”でカップラーメン買っても、結局お腹すいて食べてしまい・・・(笑)
そっちにも気を回さなくては〜という、今日この頃です。

 

—–     —–   –☆–   —–   —–
読んで頂きありがとうございます。

ランキング参加してます^^
面白かったよ〜と思ったら
応援クリックしていただけると励みになります☆

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


インコランキング


+++ +++ +++ +++ +++
ご覧頂きありがとうございます。
ランキング参加してます^^
面白かったよ〜と思ったら
応援クリックしていただけると励みになります。


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

にほんブログ村


インコランキング

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。