Ads

ピュオーラ6歳になりました☆ 〜6歳の壁〜

オカメインコ ピュオーラ日々の成長記録
Ads

こんにちは、ikuです。

今日は待ちに待った我が家長男のピュオーラの誕生日でっす。
知ってか知らぬか、なんだか今日は私がウキウキしてるからか、
ピュオーラも目がキラキラしています♪

 

Ads

ピュオーラ6歳の誕生日おめでとう!

ピュオーラ誕生日おめでとう〜!
6歳になりましたよぉ〜★ もう立派なオカメン男子。
ボチボチ油乗ってきましたよぉ〜w

 

先日の繁殖チャレンジでエッグフードめっちゃ食べたからかわからないけど、
特に今年のピュオーラは、プリプリで毛艶がいいのです♡

今発情期が終わり、無事に換羽期迎えているのですが、体重も換羽期にもかかわらず90g代をキープ。
(いつもの換羽期突入時の体重は92−3gくらいで、羽がバサバサ抜けて82gまで落ちているのです。落ちる時は78gまで落ちます。)

が!今回は、98gからの換羽期なので、今もまだ94gをキープしているので、
調子の良い状態で誕生日を迎えることができました。

 

どのくらい、調子がいいかというとこのくらい調子がいいです。

オカメインコ ピュオーラ

ニコ〜〜〜〜〜〜〜 ( ´ ▽ ` )

 

ちょっとちょっと、どうしたことでしょう?

この余裕のあるハリウッド俳優みたいな笑みは、一体どこで学んだのでしょうか。
ママもびっくりですよ(笑)

 

急にイケオカメンになってしまいました\\\٩( ‘ω’ )و イェ-! ////(笑)
今ね、ピュオーラは人間でいうと32歳くらいなのです。
だから、社会人生活にどっぷりつかり、昇進かけて調子に乗っている30代サラリーマンってとこですかね。(言い方雑ですね。30代のバリキャリサラリーマンにしておこう)

 

私も昨夜からピュオーラの誕生日ワクワクしながら寝て、
朝からハイテンションだったのが伝わったのか、ピュオーラもご機嫌な感じです。

 

いや、でもよく考えてみると空気読んでいるのではなく、
いつも1・2ブロックしかあげない大好きなおやつ ラフィーバの「AVI-CAKES」を
誕生日だからとたっぷりあげたから、喜んでいるだけなのかもしれない。

んみゃい・・・んみゃい・・おいちぃ・・

元気に育ってくれて、本当に嬉しい限りです( ´ ▽ ` )

 

毎度いうけど、ピュオーラを迎えた6年前の夏。
ピュオはペットショップから迎えました。当時オカメインコ知識ゼロだった私ですが、
同じ誕生月で、且つショーケースの前をうろうろする私を追いかけてきてくれた可愛い子だったのでお迎えを決意。
でもお迎え当日、家についてすぐ異変に気づいた。

 

初心者でもわかるおかしな異変。
深緑のゼリー状の便がお尻からデロ〜ンと垂れ下げる様子をみて、「何か変!」と悟り初日から動物病院へ連れて行くスタートでした。
検査後「絶食便」と知り、また体重が64gしかなく瀕死の状態で迎え、獣医から「よく生きてました・・。多分何もしなかったら、明日落鳥していましたよ」といわれ愕然としたのをいまだに覚えています。
(そして、この話をブログに今日含めて誕生日の日に5回くらい書いているような気がするw)

 

そんなスタートだったもんだから、「生きて欲しい」一心で勉強を重ね、ブログに記録として綴る毎日が続きましたが、いつの間にか鳥バカになっていた私。
私がピュオーラを育てたけど、ピュオーラも私をオカメマニアとして育ててくれた気がする6年目です。

 

よくがんばってここまで成長してくれました♪

食べながら流し目をするくらい、余裕出てきたましたね(笑)
いいよ〜。その調子で元気に暮らしてくださいな〜♡

 

そういえばね、6年ってオカメインコの第4の壁として私は考えているのです。
勝手に「オカメインコ の6歳の壁」って呼んでいるんですけどね。

やった!もう6歳だから大丈夫!じゃななくて、
6歳だから気をつけようと思っています。

 

 

Ads

オカメインコの「6歳の壁」ってなに?

これ、自論なんですけどね。
誕生日の日に縁起でもないのですが、、、。

 

ず〜っと元気に育ってきたオカメインコが、急に6歳で落鳥してしまう・・という、飼い主からすれば青天の霹靂のような事件が起こることが多い時期なんです。

 

なぜのかはわからない。

 

でもSNSとかで見ていると、
「あ、また6歳で亡くなってる」
「あ、6歳でロストかぁ・・・」

とか、よく拝見するのです。
なんだか6ってキリスト教で言う悪魔の数字?オーメンだから?

私は別にキリシタンじゃないし無神論派ですが、6って嫌な数字と感じてしまいます。

 

私はマメな方ではないので、1日中SNS・インスタを見ていることはないし、気が向いた時に見ていますが、それでも目に留まる6歳の落鳥ニュース。
だから、確率的に多いのかな・・・なんて。

飼い主さんが「やっと6歳になって一人前の大人になってくれたと思った矢先の出来事で、、、頭が真っ白です」なんてお話をよく聞くので、健康状態をこまめに把握する必要があるかな?考えています。
たまたま偶然なのかもわからないです。

 

鳥って、体調不良を隠すし。

 

でも、ある程度観察していれば未然に防げる病気もあります。
飼い主さんの慣れで体調不良を見過ごしていたのか?と思ったのですが、SNSで見かける「6歳になってからの急な落鳥、突然死」を迎えてしまった飼い主さんは、
比較的慎重に鳥さんを観察したり健康に気遣っている方が多いのです。

 

だから、すごく不思議。

 

もしかしたら、お肌の曲がり角ならぬ、オカメインコは体調の曲がり角なのかな?

 

よくブリーダー間では、「繁殖するなら2歳から5歳迄」という暗黙の了解が言われてますが、多分それも一つ健康状態・体力の変化などの理由からなんだろうなぁ〜と思います。
(7歳くらいまでは繁殖大丈夫とも言われていますが、健康的にできる域は5歳くらいなんだそう)

人間も35すぎたら高齢出産と言われますが、まぁそんなところなのでしょう。

 

だから、6の壁を元気に乗り越えられるように頑張る1年にしたいと思います(^-^)

 

ピュオーラ君は、相変わらずのんびりまったりな子で、
本当に天使のような子なので、
あれやこれやと忙しく動き回る私ikuにとっては、癒しの存在。
平均寿命までは元気に生きて欲しいなぁ〜と考えています(笑)

 

あぁ、いけない。
もうおじいちゃんになってしまったかのような締めくくりになってしまいましたw

 

▼ ピュオーラ:ぼく、まだシニアじゃないよ!

あ、すんません。
これではいけないわっ
30代らしく(6歳らしく)ハツラツとした人生(鳥生)を送って欲しいです♪

 

最後に、オカメletterも同じく6年目。
昔から見てくださっている読者の方々をはじめ、
今年新しくオカメインコを迎えたことをきっかけにこのブログを見てくださるようになった方々、
そしてオカメLetter公式LINE、Pyuo’s Craft (私が製作する鳥のおもちゃ屋さんです)、インスタ経由で仲良くして頂いている皆様♪

 

オカメLetterを通してご縁頂きまして、この場を借りて御礼申し上げます。
いつも応援頂きありがとうございました★
私も1鳥飼いとして、未開地(繁殖・孵化・シニアライフ)な点もありますし、
至らぬ点、勘違いしている点もまだまだありますので、知識を磨いていきたいと思っております♪

そして、これからもピュオーラ・フェルン・新人シータ(未来のシータの旦那のパズーもいつか・・)、そしてウロコインコ(ブログ:ウロコLetterもありま〜す )の、
テト、マリン、ロビンちゃんの応援も、引き続きどうぞよろしくお願いいたします♪

 

「ほんと、オカメインコって可愛いよなぁ・・・」って動画が撮れたので、
インスタにアップしました〜。
これからも元気に過ごそうね〜。

 

ピュオーラ大好きだよぉぉ〜

 

 

コメント コメントはお気軽にどうぞ☆(*'▽'*)

タイトルとURLをコピーしました