Ads

ピュオーラ、鹿のツノで遊ぶ

小鳥のおもちゃ・グッズ

こんにちは、Ikuです。

ピュオーラの贅沢な遊び道具「鹿のツノ」

先日、オカメインコ繋がりで仲良くさせて頂いている方から頂いた本物のエゾ鹿の「角」。
格調ありますね。
鹿は見たことあるけど、ツノだけ。しかも野生の鹿の角です。初めて見ました・・・(笑)

最近、犬のおもちゃでカルシウム補給や歯のムズムズ解消のために、鹿の骨をカットしたものが売られているのを某有名通販のサイトでみましたが・・・結構いい値段するんですよね。カット物は数千円ですが、根元から先端までの丸々1本での販売だと”諭吉”くらいの値段します。多分この鹿の角、3年ものか4年もので、それが4本!(鹿の角は、歳を重ねることに、ツノの枝分かれ部分が増えるのだとか)

 

ピュオーラ君、止まり木に鹿の角なんて・・・贅沢な遊びをさせていただいてます。
結構気に入っているようで、恐る恐るでも一歩一歩感触を味わいながら踏みしめています。
おもちゃとして遊んでいる写真が撮れたのでアップしようと思います(笑)

千葉では、まず手に入れるのが難しいだろうエゾ鹿の角で遊ぶピュオーラ。
生後5ヶ月半なのに、贅沢だよ〜ピュオーラ♪(笑)

えっへん!

貫禄ありすぎ(笑)
エンジェルポーズ!
生後5ヶ月なのに、急にコンドルみたいになっちゃったみたい(笑)

木の枝とは次元が違う・・・・北海道はスケールが違いますね。
天然のエゾ鹿の鹿の角に我が物顏で乗っているピュオーラが勇ましく見えます(笑)

この鹿の角。ケージに入れている太さが均等の止まり木と違って、表面がボコボコしていたり、太さも直径3cmくらいあるので、爪や嘴のお手入れにも使えそうです。それに、鹿の頭のつなぎ目は、ちょっとナマナマしい獣臭がします(笑)煮沸消毒までしてくださってるので、安心安全に使えます。

いつも、人工的に加工されたものでしか遊んだことのないビュオーラにとって、唯一本物の自然の力強さを体感できるので大切にしていきたいと思います。

今は、放鳥時に慣らしのためゲージの上に置いてますが、
今後6畳の部屋のどこに吊るそうか考え中です。

鹿のツノの存在感はすごいもので、
普通の日本の部屋だったのが、そこだけロッキー山脈のビレッジに変わってしまいそうな、、、
そんな貫禄さえあります。
吊るしてから、そこで遊んでくれることを祈りつつ(ビビリだから)、
ピュオーラの放鳥時の楽しいグッズになってくれたらいいなぁ〜と思っています。

—————————————————
読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

ブログ更新のお知らせを受けたい方へ

下記にメールアドレスを入力頂くと、
新しい記事を更新した際、メールでお知らせを受け取ることが出来ます。
ご希望の方は、お気軽にご登録ください(*'▽'*)

小鳥のおもちゃ・グッズ
ikuをフォローする
Ads
オカメletter

コメント 質問、感想はお気軽にどうぞ☆

タイトルとURLをコピーしました